アルダラクリーム 通販メンション

アルダラクリーム12袋 (ベセルナクリーム)

尖圭コンジローマの治療薬アルダラクリームはインドのメダ社(Meda )が開発した外用クリームです。日本で発売されているベセルナクリームのジェネリック医薬品で、有効成分である「イミキモド5%」は同一量含まれています。

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


ベセルナクリームジェネリック(イミクワッドクリーム3袋)

ベセルナクリームは、尖圭コンジローマ治療薬として持田製薬株式会社より販売されており、医療用医薬品としても使用されているお薬です。デリケートな部位に感染してできたヒトパピローマウイルスによる疣贅(イボ)を、 自宅で治すことのできる画期的なお薬です。

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


アルダラクリームの概要

アルダラクリームは性感染症の一つとして知られる「尖圭コンジローマ」を治すために用いられる外用クリームタイプの薬です。
尖圭コンジローマは主に性行為によって感染する症状で、性器であったり、その周辺、もしくは肛門の周辺にイボ状の出来物が現れるのが特徴であり、痛みなどをもたらす場合があります。
この薬の製造販売は、インドのムンバイにある製薬会社である「グレンマーク社」によって行われています。

元来、尖圭コンジローマの治療薬には、日本の「持田製薬」が製造販売を行う「ベセルナクリーム」という薬がありました。アルダラクリームは、そのジェネリック医薬品であり、ベセルナクリームと同等の治療効果を持ちながらも、それより安い価格で購入できるのが特徴の一つです。

アルダラクリームの有効成分である「イミキモド」には、免疫反応に関わっている物質である「IFN-α」が生み出されるのを促す働きがありますので、尖圭コンジローマの発生要因の「ヒトパピローマウイルス」の増殖を抑えることができます。そして、各種サイトカインを経て細胞性免疫応答を活発にし、ヒトパピローマウイルス感染細胞を阻むことができます。さらに免疫機能を活発にしたり、アポトーシスを促す効果によって、日光角化症に対しても改善効果を示します。

続いてアルダラクリームの使用方法について紹介します。通常は1日に1回を一週間に3回、寝る前に適量を患部へと塗ります。薬を塗った後はその状態を保って、起きた後に石鹸を使って、水もしくは温水で流します。