クラリス 通販メンション

クラリス錠ジェネリック(クラリスロマイシン)

クラリスロマイシン(クラリス錠)の有効成分がクラミジアなど多種多様な細菌の増殖を防ぎます。急性気管支炎、肺炎などの呼吸器感染症や、胃潰瘍や胃がんの原因といわれているヘリコバクター・ピロリ菌の除菌にも使用されます。

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


クラリスの概要

クラリスは、抗生物質である「クラリスロマイシン」を主な成分とした医薬品です。
クラリスロマイシンというのは大正製薬が開発した抗生物質です。クラリスロマイシンを有効成分に持つ先発薬は大正製薬が出している「クラリス」とマイラン製薬が出している「クラリシッド」の2つです。

クラリスは性病の一つであるクラミジア感染症の治療において、ジスロマックと合わせて最も推奨されている医薬品です。クラリスはクラミジアの他にも細菌性亀頭包皮炎による性器のかゆみに対しても、軟膏タイプの外用薬などと併せて用いることによって治療を行うことができます。

クラリスの有効成分のクラリスロマイシンは「マクロライド系」の抗生物質です。この成分は同じ抗生物質である「エリスロマイシン」を下敷きに研究開発されたもので、エリスロマイシンに近い抗菌活性を有しますが、レジオネラ菌などの特定の菌に対しては、エリスロマイシンを超えた抗菌作用を発揮します。クラリスロマイシンは特性としてクラミジアおよびトラコマチス菌に対して大きな抗菌効果を発揮しますので、性器クラミジア感染症の治療においては第一に選ばれる薬となります。

クラリスはクラミジアの他にも黄色ブドウ球菌であったりレンサ球菌などの細菌によって引き起こされる「細菌性亀頭包皮炎」の治療にも効果的です。