リファキシミン 通販ソリューション

リファキシミン200mg 

海外では日本人に免疫がない微生物も多く、それによって下痢や腹痛、吐き気がよく起きます。 リファキシミンは海外旅行でおきやすい「旅行者下痢症」のお薬です。 肝硬変の合併症で、肝機能の低下によって意識障害がおきる「肝性脳症」の治療にも使われます。

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


リファキシミンの概要

リファキシミンは血液の中に存在するアンモニアを減少させる作用を持つ医薬品です。用途としては肝性脳症での「高アンモニア血症」を改善させるために用いられます。
薬の開発は、イタリアにある「Alfa Wassermann社」によって行われました。
薬の分類としては「リファマイシン系」という種類に該当する抗菌薬です。

リファキシミンは細菌内のDNA依存性の「RNAポリメラーゼ」へと接続して、RNA合成のジャマをすることによって抗菌効果を得ることができます。
リファキシミンは吸収されづらい性質があります。他のリファマイシン系の薬と違い、服用しても成分がほとんど吸収されないのが特徴です。
この特性により、薬の成分が腸管の中に留まって、アンモニアなどを生成する腸の中の細菌に抗菌効果を発揮して、血中のアンモニアを少なくします。それによって肝性脳症での高アンモニア血症に改善効果を示すことができます。

リファキシミンは初発・再発に関わらず肝性脳症に対しての新しい治療選択枝として用いられています。「ラクツロース」や「ラクチトール」といった、違った作用機序を持つ合成二糖類と併せて用いることもできます。

リファキシミンの使用において挙げられる副作用には「偽膜性大腸炎」という症状があります。薬を使用していてお腹が痛くなったり、頻繁に下痢の症状があらわれた場合は、薬の服用を中断して、医師もしくは薬剤師に相談を行う必要があります。
また重度の肝機能障害を患っている方は、副作用が現れやすくなりますので、慎重に服用する必要があります。