バスピン 通販ソリューション

バスピン(バスパージェネリック5mg)

全般性不安障害の治療に有効な成分である塩酸ブスピロンを5㎎配合した、安価なジェネリック医薬品です。先発薬としてバスパーがあります。非ベンゾジアゼピン系に分類され、脳内のセロトニン濃度を上昇させる作用があります。

最安値を販売ページでチェック
メンタルケア・睡眠の薬一覧はこちら


バスピンの概要

バスピンは高い安全性を持つとされる抗不安薬の一つです。世界的に有名な抗不安薬である「バスパー」のジェネリック医薬品になります。

バスピンの説明を行なう前に、心の病と人間の脳の関係性について説明しておきましょう。
人間の脳内にある物質「セロトニン」が足りなくなると、気持ちが落ち込む「うつ症状」、眠れなくなる「睡眠障害」、そして強い不安を感じるなどといった心への症状が出てくる場合があります。

不安な気持ちが強まることによってポジティブな考え方が阻害されて、後ろ向きな思考が起こりやすくなります。この悪循環を繰り返すことによって、さらに心身へと違った症状が引き起こされてしまう場合も多く見られますので、バスピンなどの抗不安薬を有効活用することによって症状を改善させてQOLを高めるのが狙いの一つです。

バスピンの有効成分である「ブスピロン」は、不安な感情と大きく関係している「5-HT1A受容体」へ特定的に作用して、不安が原因の不眠症状や気持ちの焦りを和らげていきます。
さらにブスピロンによって脳内のセロトニン濃度がアップして正常化することにより、ドーパミンやノルアドレナリンといった「前向きな感情」や「やる気」に関わるホルモンの働きが良好になり、落ち着いた感情を手にすることも出来るとされています。

これまでに抗不安薬として多くの人に用いられていた薬は「デパス」ですが、この薬は現在入手が難しくなってきており、その代わりとして販売されるようになったのがバスピンです。
デパスは高い効果の反面、依存性の高さが問題視されていた薬でしたが、バスピンは依存性や副作用がそれほどではなく、現在は代替薬として世界的に愛用されている薬です。