ケフレックス 通販コンソール

ケフレックス500mg(セファレキシン)

ケフレックスはセファレキシンを主成分とするセフェム系の抗生物質です。国内でもケフレックスカプセル250㎎として処方されています。細菌の細胞壁合成を阻害することで細菌の増殖を抑えて、幅広い感染症に効果があります。

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら

ケフレックスジェネリック

多数の細菌感染症に用いられる抗生物質です。細胞壁を破壊することで細菌の増殖を防ぐ、セフェム系抗菌薬であるケフレックスのジェネリック医薬品です。

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら

ケフレックスジェネリック250mg

さまざまな感染症の原因となる菌を殺す抗生物質です。有効成分セファレキシンが細菌に感染された部位まで到達し、病気の原因である細菌を殺菌します。呼吸器や耳鼻科領域で汎用されており、のどの痛みや外耳炎、中耳炎、副鼻腔炎などに用いられています。

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


ケフレックスの概要

ケフレックスは有効成分セファレキシンが含有した多くの細菌感染症に効果を発揮するセフェム系に分類される抗生物質になります。
ケフレックスは様々な細菌に対して有効であり、呼吸器領域、耳鼻科領域、歯科領域等で用いられています。
【呼吸器領域】

  • 咽頭炎
  • 喉頭炎
  • 扁桃炎
  • 肺炎
  • 急性気管支炎

【耳鼻科領域】

  • 外耳炎
  • 中耳炎
  • 副鼻腔炎
  • 化膿性唾液腺炎

【歯科領域】

  • 歯冠周囲炎
  • 歯周組織炎
  • 顎炎
  • 抜歯創等の二次感染

ケフレックスは細菌の細胞壁合成を抑制し、殺菌的に抗菌作用を発揮します。
人には細胞壁が存在しないため、細菌に対してのみ作用するので、高い効果を得ながらも副作用はほとんど発現しないといった特徴があります。
ただし、薬なので全く副作用がないことはありません。
セフェム系の抗生物質に限ったことではありませんが、多い副作用として「下痢、軟便」が挙げられます。
抗生物質の抗菌作用により腸内環境が乱れてしまうために引き起こされてしまいます。腸内の悪玉菌だけではなく善玉菌にも作用することで、下痢の原因になってしまいます。
軟便程度でしたら、特に問題視する必要はありませんが、酷い下痢が続いたり、血便が出るようでしたら受診するようにしてください。
重篤な副作用として、腎不全、血液障害、大腸炎、皮膚障害といったものがあります。長きに渡り服用する場合や高齢者の方、疾患をお持ちの方は注意する必要があります。