クロロキン 通販コンソール

クロロキン250mg

クロロキン250mgは、日本では承認されていない抗マラリア薬です。抗マラリア作用だけでなく、最近では新型コロナウイルス(COVID-19)に効果があるかもしれないと注目されています。

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


クロロキンの概要

クロロキンは日本においては未承認の抗マラリア薬になります。マラリアの治療や予防に用いられる安全性が高い坑マラリア剤のひとつです。服用することで、マラリアの感染予防はもちろん、感染していた場合であってもマラリア菌を殺菌してくれます。

使用方法についてですが、日本では承認されていない有効成分になるので、日本人を対象とした用法や用量というのはありません。あくまでも目安になりますが、承認されている海外での用法や用量は下記になります。

  • マラリア予防・・・毎週1回同曜日に2錠(500mg)服用(成人)
  • マラリア待機治療・・・1日目に4錠(1000mg)、2日目に4錠(1000mg)、3日目に4錠(1000mg)服用(成人)
  • 腸管外アメーバ症・・・2日間に渡り1日4錠(1000mg)を服用し、そのあとは1日2錠(500mg)を2週間から3週間服用。他の殺虫剤(腸内)と併用されることが多いです。

クロロキンの副作用としては下痢や頭痛、蜂巣炎や中毒疹といったものがあります。副作用が続くようでしたら、担当医に相談するようにしてください。他にも眼障害、低血糖症による意識障害が発現することがあるので、注意する必要があります。気になる症状が出た場合は直ちに医師や薬剤師の意見を仰ぐようにしましょう。。

細菌ではマラリアに対する治療の他にも新型コロナウイルス(COVID-19)に対して有効かもしれないと発表されましたが、ブラジルでの臨床試験中に被験者が死亡したため、臨床試験は中止されています。